読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古いクルマ.com  ハジメ店長の   車買取ブログ

クルマを売るのはこのブログを読んでから。

2台目のクルマの思い出。。。

元気ですかー!
クルマと格闘技をこよなく愛する 古いクルマ.comのハジメ店長です。


大学1年の冬、半年くらい乗ったメタリックグリーンの箱バン(エブリイ)は広くて友達をたくさん乗せることができ、とても便利だったのですが、19歳の私は速いクルマが欲しくなり、いろいろと調べて2台目のクルマを買ったのです。


三菱コルディア1600GSRターボ

f:id:furui-kuruma:20170220123153j:plain

今見てもかっこいいと思いますが、あなたはどう思いますか?

特に後姿がいい!

f:id:furui-kuruma:20170220123220j:plain

またミッションが特殊で4速にハイ・ロー切り替えがついたスーパーシフトでした。

f:id:furui-kuruma:20170220124008j:plain


エンジンもまだキャブレターで調整が簡単でした。

白色のコルディアを買って、すぐにフェンダーミラーをドアミラーに変更し、黒に全塗装をしました。
ホイールも中古で買って、ステアリングもモモステに換えました。


走りは当時のターボ車なのでどっかんターボ全開すると直線はかなり速かったです。
(FFなので曲がらないですけど。。)
長い直線でメーター読み170キロ近くを指したことがあります。
(もう時効です)

一番の思い出は大学3年の夏に、友達10人(5台)で神戸から日本海へ泳ぎに行く為に夜中出発したのですが、もちろん当時ナビもなく、迷いながらもとりあえず北へ向かえば着くだろうと走っていました。


先頭を走っていた車が突然止まって、みんなにこう言いました。
「ラジオを聞いたか?」
他の車に乗っていた友達はみんなカセットを聞いていたので、
「聞いていない」と答えると、
「大変なことが起こった、みんな心して聞いてくれ」と言ったので何事かと思ったら、


ブルーザー・ブロディが刺されて死んだ」と。。。


そいつは大のプロレスファンで私達もいわゆるプロレス世代だったので非常にショッキングな出来事でした。
ブロディに黙祷をささげ、我々は北へと向かいました。

1988年7月の暑い夜の思い出です。

まぁ翌朝は少し仮眠して、何事もなかったかのように海ではしゃぎましたけど。

この大好きだったコルディアもだんだんと調子が悪くなり、大学4年の春に買い替えることとなりました。

f:id:furui-kuruma:20170220124645j:plain

3台目のクルマの話はまた今度、お楽しみに!


古いクルマを売るなら、お気軽に私ハジメ店長にご相談ください。

furui-kuruma.jimdo.com

 

一括査定サイトで大変な思いをした方に!1回の査定で最大1,000社があなたの車に金額提示!

保存版 クルマを売るときに読んでね。

元気ですかー!
クルマと格闘技をこよなく愛する 古いクルマ.comのハジメ店長です。


あなたはこれまでクルマを何台売りました(売却しました)か?
私はこれまで11台のクルマに乗ってきたので、10台売ったことになります。

クルマを売却する状況は大きく分けると以下の様になります。

①車を新しく買った為(乗り換え)
②転勤等で車が必要なくなった為(処分)
③それ以外

私の場合はほとんど①のケースだったので、ディーラーや車屋さんに下取りとして出していました。
今考えるともったいない事をしてしまいました。

またある時、海外(上海)に転勤になったので、やむなく車を処分した事があります。(②のケース)
古い車だったので買取店では値段がつかず、廃車業者に出しました。
これもまたもったいない事をしてしまいました。

2台車を所有していた時期があったので、1台を実家に長い間放置していた事もありました。
無駄な事をしてしまいました。
(4月1日に車を所有している人がその年の自動車税を支払う義務があるのです)

あなたには私のように損をして欲しくないので、上手くクルマを売却する秘訣をお話します。

①のケースでは、まずディーラーや車屋さんの下取りの価格を聞いて、その後買取専門店に価格を聞いてください。
(まだ売らないで下さい!)
②のケースでは、買取専門店で価格を聞いてください。
(しつこいですが、まだ売らないでください)

ネットで車の一括査定の登録をすれば、最大10社程度の業者から価格を提示されるというものがありますが、これはあまりおすすめいたしません。
確かに価格だけの面では非常にいいと思いますが、デメリットが大きすぎます。

私も以前はこのシステムに加盟していて車の買取をしてきましたが、お客さんからたくさん苦情を言われてきました。

「あまりにも電話が多く、業者もしつこく、対応に時間と手間がかかり過ぎる」と。

それは当たり前です。
一括査定に登録するという事は、車の情報だけでなく、個人情報まで加盟している業者に流れるのですから。
業者はアポイントが取れるまで何回も電話を掛け続けるのです。
それも1社ではなく、最大10社位が!!
普通の人にはストレスが多すぎますし、お勤めの方は仕事に影響があります。

また仮に電話が問題ないという人でも、それぞれの業者に実際に車を査定してもらう必要があります。
最大10社程度の業者との日程調整や時間の都合など対応できるでしょうか?

現時点で私がおすすめするのは、個人情報は漏らさずに全国1000社以上の業者から値段を提示してもらうというサイトです。

<【ユーカーパック】 (イメージキャラクターはローラ!)

昨年の4月から始まったみたいなのでまだあまり知られていないですが、今後はかなり有名になっていくのではと思います。

クルマの売却で何か困ったことがあればお気軽に私ハジメ店長にご相談ください。

では次回は私の2台目の愛車について書いてみたいと思います。

お楽しみに!

あなたの初めてのクルマは何でしたか?

元気ですかー!

クルマと格闘技をこよなく愛する 古いクルマ.comのハジメ店長です。

 

あれは大学一年の夏、急に親父が「車を見に行くぞ」と言って、私はてっきり中古車屋に行くのかと思ってうきうきしていたら、小さい車の修理工場でびっくりしたのでした。

中には修理中の車2台と、日産のセダン(オースター)が1台と軽自動車の箱バンが1台あるだけでした。

f:id:furui-kuruma:20170215220244j:plain

親父がどっちが言いかと聞くので、もちろんオースターと答えると、「いや、こっちがいい。」と言って、箱バンに決まってしまいました。。。

f:id:furui-kuruma:20170215220649j:plain

スズキのエブリイ(キャリーバン?)です。

色はメタリックグリーンでサイドにオレンジのストライプが入っていました。

とにかく初めての自分の車だったのでこれに色々手を加えました。

足元は金色のホイールを中古で見つけて履き、頭上にカセットデッキとスピーカーを取り付け、シートカバーを無理やりつけた記憶があります。

一番の思い出はこの車で、六甲山に走りに行ったことです。

それも4人乗って。

当然1速と2速しか使えないのでとろとろと走っていると、あっという間に走り屋が後ろに何十台と連なりました。

30年以上前のことですが、すごい恥ずかしい思い出です。

 

2台目のクルマのことはまた次回をお楽しみに!